全力疾走日記

喪女でオタクで腐女子というトリプルコンボを決めた女が感想とか日々のあれこれをかくよ

7'scarlet 迦具土ヒノルート感想

絵師が倉花千夏さんということで、夏にパケ買いしたまま積んでました。なんだか雑誌のレビューが好評だったらしく、しかも私自身ミステリーが好きなので、どういうものになるか楽しみにしていた作品です。

 

f:id:sou711:20161113164638j:plain

ヒノの初見→特徴のない無難なイケメン。ヤンデレ枠みたいな顔面をしている。メインぽいので謎を抱えているのでは…?あと、Tシャツの文字が半分切れてるのが気になる。なんでそこ切った?

 

というわけでセブスカヒノくんルート感想です。

ネタバレ含むので続きにたたみます。

 

こういう爽やかな笑顔をしている男っていうのは高確率で裏に重たい事情を抱えているっていうのが乙女ゲーあるあるなんだよ!

中学も高校も大学も一緒ってストーカーレベルだな…と最初から不穏な空気を醸し出していくヒノくん。好き好きなのがモロバレなのに乙女ゲ主人公特有のスルースキルで右から左へ受け流され恐らくここまで来たんだろう。合掌。

彼の誘いで行方不明になっているお兄さんを探しに行くことになります。

 

行方不明者の出る、出入り口が二本しかない陸の孤島…いいですね~ミステリーっぽくなってきましたね~!!

奥音里に着いたらもてなされるどころか、ホテルにチェックインできずに待たされるわ使い走りにされるわ現実だったらこんな街さっさと帰ってネットに悪口を書きまくっているところである。しかしここで

→「もう私帰ります」

なんて選択肢が出てきてBADエンドになっても困るので(それはそれで伝説のゲームとして名をはせるかもしれない)サクサク進めると、金がないなら身体で支払えという展開に(語弊)主人公達も東京から来たはずなのに逆に東京に出稼ぎに来たお上りさんのごとくホイホイ騙されて働きます宣言。客を雇うって…雇用関係ガバガバだけど大丈夫なのかこのホテル。

ユキくんは正式に雇用されてるといってるけど、中学生雇用していいんだろうか。気になってググってみたら、原則として駄目だけど、労働基準監督署の許可を得て中学生や小学生を使うときは、勉強に差し支えないことを証明する学校長の証明書と親の同意書を用意して雇用するのはいいんだとか。へえー。勉強になりますね!

 

紫姓草…死者が蘇る花なんて伝奇ノベルっぽい展開になってきたじゃないですか~ワクワク。

ミステリーオフ会なのにとりあえずバーベキューやろ!と謎のバーベキュー押しをされてバーベキューをすることに。お、おう。ミステリーどこいったんだよ。今のところ紫姓草しかオカルト要素語ってないけどそれでいいのか奥音里禁忌倶楽部。テニスサークルと称して実情飲み会しかやらない大学のテニサーかよ。

そうしてキャッキャしてると見るからに非リアなおっさんが「うるせーぞ!」と一喝。私はここで猛烈に非リアのおっさんに拍手と野次を贈りたい気分だったのですが、ヒノはキレるトアは不審者扱いするソウスケは最早別世界の人間扱いでイケメンとの心の開きが悲しかったです。クソ……クソ……リア充になりてぇ……!

 

お風呂に入ろうとして間違えて男湯に入ってしまうという古典的な展開には仰け反って大喜びしました。これほんとに乙女ゲーかよwwwギャルゲーでよく見るイベントだー!大好きですそういうの。

ここでイチコちゃんがじろじろヒノくんのマッスル鑑賞会始めたのにも笑いました。図太すぎるwwww

 

バーベキュー当日、キャッキャウフフしてるところをサクサク流し読んでいたのですが、ヒノくんがとんでもない発言をします。

「イチコ、おまえ、水着持ってきたか?」

こいつ、川でランデブーする気満々である。

禁忌倶楽部で親睦しようといってバーベキューしてたのに、あくまでイチコは俺のもんだ渡さねえ!という。親睦する気ZERO。しかしそのスタンス、嫌いじゃないです。しかも水着を持ってこさせるという用意周到さもいいですね。実はイチコちゃんの水着姿見たかっただけなんだろ!?わかるわかる。イチコちゃんがにぶいのをいいことにガンガンかましていきますね。

 

月読カグラというカメラマンがいるんですけど、イケメンなのにやたらとイチコを盗撮したり盗撮したり盗撮したり風景写真家といっておきながらイチコをモデルに撮りたいとか言い始めたりもう怪しさの塊でしかないんですがなんなんでしょうか。ミスリードなのか美少女マニアのストーカーなのか犯人なのか…

イチコが写真に写ると必ず赤目になるというのも気になります。なんの伏線なのだろうか…

 

兄探しもままならないまま、奥音里の一大イベントである夏祭りが迫ってきます。ここまで読んできてほとんどアルバイトか遊ぶかだったので、正直兄探しで来ていたことを私は忘れかけていました。アルバイト始めたことによって本末転倒になってない?大丈夫?

 

夏祭り当日、甘いときめきを胸にジュースを買っていると、現れたのは毒キノコだった…

いや、それどこのブランドだよ。草間彌生のオブジェかよ

 

f:id:sou711:20161118221433j:plain

f:id:sou711:20161118215124j:plain

 

完 全 に 一 致

 

なんか…顔が無難な分ファッションがわりと前衛的?なんですね、彼。いやだよ…私なら絶対隣歩きたくないよ…と思っていたがイチコちゃんは大天使なのか彼女のセンスも草間彌生なのかわからないが「似合ってるよ」「なんだか、変な気分……」という地獄のような二択が現れた。これメタ的には似合ってるよが正解なんですよね?でも、私このドット柄見てると変な気分になってくるんですわ!!!!

まあ、似合ってるよ選択しましたけどね。そうです!私が同調圧力に負ける典型的日本人ですよ!!!文句あるか!!!(逆ギレ)うん、その浴衣はヒノくんかパリコレモデルくらいにしか着こなせないと思うよ。やっぱ無難な顔に見えてもヒノくんもイケメンなんだなあとしみじみと感じました。

たこやき全部食べてもいいとか歩き疲れてないかとか細かいところを気遣ってくれるヒノくんは優しくてかっこいいと思いました。おやつにパン二つ平らげて足りない男がたこやきくれるなんてよっぽど惚れてないとしませんよ。基本的にヒノくんはやさしいですよね。最初落ち込んでる主人公を浮上させようと奥音里に誘ってくれたのもヒノくんですし。そこが彼のいいところであり、いつまでも幼馴染ポジションでしかいられないという理由なんじゃないかなーと思いました。

 

射的の銃に触れてから明らかにおかしくなるヒノくん。彼の過去の一部?がフラッシュバックされ、卒倒してしまいます。PTSD?もしや激重な過去があるんでしょうか(ワクワク

「ずいぶん昔にお前をーーー」とヒノくんはなにか告白しかけるのですが、イチコちゃんは持ち前の難聴で「え?何聞こえんかったわ」とせっかくの告白タイムをぶった切り。いや、よっぽど花火の音が大きかったのかもしれない。戦地の爆弾みたいに降り注いでたのかもしれない。そんなわけがない。

 

ところで、ちょいちょいイチコちゃんがヒノくんのマッスルチェックしてはときめいてるのに笑ってしまいます(笑)ここがときめきどころなんだろうけど、ごめん、とくに私はマッスルフェチではないので、イチコちゃんがヒノくん専属トレーナーみたいで笑う。イチコちゃんは筋肉フェチなんでしょうか。

 

奥音里禁忌倶楽部のみんなが冷たい…バラバラな感じでいやだな…と感じるイチコちゃん。私はここで「そりゃな」とつっこみを入れたかった。隠し事をしてるしてないの問題じゃなく親睦会のバーベキューのときの時点で二人でランデブーして親睦する気ZEROだったのにバラバラな感じでいやだな…じゃありません。しかも出会って何日目かでそこまで仲良くなれるわけがない。パーソナルスペースもZEROかこの娘は!?

 

ユヅキに三日後にこの街から出ていけと言われてしまいます。相次ぐ転落事故、月読さんの殺傷事件が起き、街の安全を第一に考え、同時に街が被害拡大にあったら町全体の風評被害につながる恐れがあると主張します。本当に雇用関係ガバガバだったここ。

 

 

最後に中学校の図書室で調べ物をしようという流れに。

ヒノ「で、中に水着着てきたんだよな?」

なんだこのデジャヴ

イチコちゃんはかわいいしヒノくんは伏し目がちでかっこいいんだけど、なんだこのデジャヴ。というかなんで堂々と深夜の中学校に不法侵入してるの。許されざるだよ?え、リア充って雰囲気が良ければ愛の力で許されちゃうなにかがあるの?ごめん私大学時代リア充じゃなかったからわからない。

私が全力で頭を抱えていると選択肢が。

→「うん、そうだね」 フォワン

「うん、そうだね。夜中にプールに忍び込むのも、悪くない……」

誰だこんな犯罪を助長するような選択肢作ったやつ!!これで好感度上がるとかとんだ罠だよ!!!思想がナチュラルにDQNだよ!!!

ここヒノくんが最高に切ないんですよ。イチコちゃんがブラコンすぎて。イチコちゃんの中のイチコ兄のポジションになりたくて「おれじゃだめか」って聞いちゃうんですけど、「ヒノはヒノだよ」っていう悪気はないけど地味にボディーブローにくる返答をされちゃってもう…(´;ω;`)

 

ヒノのトラウマは幼い頃、イチコちゃんと行った幽霊屋敷が原因でした。連続殺人犯がイチコちゃんを人質にしたとき、それを助けられなかった自分を後悔しているという。想像していたより軽い理由に拍子抜けしました。てっきりヒノくんも人質の一人として集められていてゲーム感覚で銃で一人づつ殺されていくところを目の当たりにしてPTSDになったのかなーとか考えていたので。SAW的な。そこらへんは昔からイチコちゃんが好きで、責任感が強いんだな~と思いました。

「ありがとう」

そういってヒノくんを抱きしめるイチコちゃん。今まで傍にいてくれてありがとうと、ようやくヒノくんの大切さを噛み締めることができたようで私はとてもうれしい。ヒノくんも勢い余って告白しようとするが――――

突然の銃撃

だよね~!セブスカはこうでなくっちゃな!

 

ヒノくんが銃撃され狼狽するイチコちゃんの元にお前の探している神社はトンネルの先にあるから一人でこい。こないとお前の兄を殺すぞというような内容の差出人不明の手紙が。これ一人で行くのみすみす殺されに行くようなもんですが、ヒノくんが傷ついている+ブラコンである彼女は混乱していて冷静な判断ができるはずもなく一人でつっぱしっていってしまうのでした。

 

ほらー、やっぱりー。猫の仮面の連続殺人犯が満を持して登場したとき私は片手で額に手を当てて思った。

非リアのおっさんはすでにボコボコにされていた。非リアの上にボコボコにされるなんてかわいそうすぎる。カツアゲにでもあったの?

変声しているみたいで私には声優さんでは判別できませんでした。コドリアではすぐわかってしまったから、この趣向はうれしいです。この猫のお面って、風厘館で飾っていたのがなくなってたとユアが言ってたお面ですよね。ということはコイツは宿泊客…?手紙を渡したのがカメラマンだからカメラマン怪しいんですよねー

 

ヒノの助けに入り方がヒーローっぽくて本当にかっこよかったです。満身創痍なのに守ってくれるって健気通り越してなんかこう…母性みたいなものを感じる。子供を守る母鳥的な。ここら辺の猫面の犯人の煽り方が小学生みたいで笑いましたwイチコちゃんとの語らいをじゃまされてよっぽど怒り心頭だったんでしょうけど正常な大人はこんな言い方しない。あ、正常じゃないから連続殺人鬼やっているのか、失敬。

ヒノくんはトラウマだった銃を克服してまでイチコちゃんを守るために猫面の男に撃とうとしますが、銃は不発。なんと、銃に最初から弾は込められていなかったのです。

絶体絶命、追いつめられる二人、そのとき。「アンタには俺みたいなクズとの心中がお似合いだ……」とボコボコにされてたおっさんが本当に猫面の男と心中する。

お、おっさーーーーーん;;;;;

 

しかもここで衝撃の真実。実はおっさんが非リアではなさそうなことが判明。さんざん非リアとかいって本当に申し訳ありませんでした。だってヒノとイチコちゃんがイチャイチャしたらすぐキレるんだもん。アンタかっこよすぎるよ。このルートのヒーローだよ、ツヅリが誰でなんで心中したのか全く分からないけど。

 

ここ、ヒノくんがせっかく銃のトラウマ克服したのに克服した意味って何だったの…と思いました。実際に撃っちゃうと傷害罪殺人罪になっちゃうからか…。でも、トラウマを克服しなくてもヒノくんがイチコちゃんを守って輝くようなやりようってなかったんでしょうかね。騎士のようってさんざ例えられてたんだから、もっと騎士っぽいところみせて欲しかったというのは一般人に求めすぎだろうか。結局イチコちゃんを守るって口ばかりで、イチコちゃん守れてないじゃないですか。10年前は兄に救われ、今回は烏丸さんに救われで。

 

ノーマルエンド

えっ……ノーマル…?

 

でも、個人的にこっちの方が納得のいくエンドでした。死んだけど。

ヒノくんがずっと言っていた「イチコを守る」ということが為されていて、その点ヒノくん視点的にはノーマルエンドと言えるのかなと。死んだけど。

空の彼方からモノローグでヒノくんが語り掛けてくるのが物悲しくてよかったです。こういうベタな演出好きです。

「笑えよ、お前が泣くと困る。なあイチコ、俺はお前を守れたかな?」

お兄ちゃんに続き、ヒノくんまで奥音里で失ってしまったイチコちゃんのその後は明るいものになるんだろうか。イチコちゃんにとって奥音里がとてつもないトラウマになってしまっている気がする。

 

 

 

同じ絵師さんの別ゲーで似た顔のキャラが闇堕ちしたので、「オッ?こいつも闇堕ちワンコ幼馴染か~?」と思っていたのですが、とてもいい子でした。当初の予想の裏の思い事情もない、普通の子。本当に普通。THE普通。クラスに一人はいる人気者代表みたいなキャラクターだったので、プレイしている最中申し訳なさでいっぱいでした。

ヒノくんは粘り勝ち!って感じのルートでしたね。冒頭から完全にオちてやがる…という状態だったので、プレイしているこっちはひたすらヒノくん応援隊やっていました。水着×2はさすがに欲望に忠実すぎだけどね!

お風呂でバッタリ半裸で遭遇イベントとかお風呂でドッキリ押し倒しイベントとかには萌えました。(あれ…風呂の話ばっかりしてる…)

最大の萌えポイントが風呂じゃあんまりなんでなんかないかな~と記憶を探ったのですが…う~ん、一途で優しいところかな…。倦怠期のカップルの言い分かよ…。いい人なんだけど、二次元的にインパクトが足りない、そんな感じでした。こればかりは好みだからごめんな!

 

イチゴが苦手という伏線などもありましたが、それについては全く触れられないままただただ意味深なまま終わってしまったんですが、真相は他のルートでって話なんでしょうか。てっきりイチゴが血に似てるから…とかそういう理由かと思っていた。

 

当初の目的だった兄は結局犯人の口から死んだと聞かされただけで、行方不明のまま終わってしまいました。生きているのか、本当に死んでいるのか、他のルートではわかるのでしょうか、楽しみです!