読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力疾走日記

喪女でオタクで腐女子というトリプルコンボを決めた女が感想とか日々のあれこれをかくよ

幼女と借金を返し続けるRPG【テイルズオブエクシリア2プレイ日記】

感想 感想-プレイ日記 ゲーム ゲーム‐テイルズオブエクシリア2

前作のエクシリアを一年くらい前にクリアしたのですが、妹に「やらなきゃ人生の60%は損してる」と言われたので始めてみました。

ぶっちゃけぼんやりとネタバレを食らってしまっているんですよね。兄さんがチョメチョメとか、ラスボスは誰とか色々ネ!なんでかっていうと公式イベントテイルズオブフェスティバルを見た上にどうせプレイしないだろうと思って妹にネタバレをせがんでしまったからである!!!!でも今のところ楽しめているので問題はなかったと思う。多分。

 

まず主人公が喋らずに選択肢を選ばせてくスタイルに戸惑った。ギャルゲーかよ。前作のジュード君と違い、主人公のルドガーはエレンピオス人?らしい?

テイルズお決まりのヒロインを救うために剣と魔法のファンタジー!という感じではなく、クランスピア社とかいう会社の試験を落とされるところから始まる。さすがこの後どういう展開で借金を背負わされるかわからないけど借金を背負わされる男、不幸属性すぎる。

 

しょっぱなからニートかぁ…ユーリに続き無職主人公爆誕か!?と思っていたらコックに就職できたようでよかった。

意気揚々と出勤すると街でばったり偶然ジュード君に出会って駅に向かうことになる。やっぱり前作のキャラが出てくるとテンション上がるものですよね。気持ち的には旧友との再会的な?

駅でジュード君と別れると、パッケージの幼女に痴漢冤罪を押し付けられるルドガー。もうさすがとしか言いようがない。初出勤で「ザワザワ…あいつロリコンなんだってよwwww」と囁かれ社会的に終わってしまった。このまま出勤したら絶対虐めの対象間違いなしである。あーあ、世界救う前に自分の人生詰んじゃったよこの主人公どうすんだよと思ってたら運よく(?)テロが起きて「逃げる」or「逃げる」の二択が出てくるので当然逃げる。お…おま、ちょっとは社会に立ち向かえよな…主人公的に…。

なんだかんだあってテロを阻止することになった不幸主人公ルドガー。がんばれ、ここで名前を売ったら輝かしい職場が待ってるかもしれないぞ。

そこから先はプレイしてるときは展開がよく分かりませんでした。なんか光って主人公暴走し始めたぞ????ってかんじで。しかも兄さんもキレはじめたぞお前冷蔵庫のトマトシュークリーム食べたのか???もうはてなだらけでした。初見殺しすぎる展開ですよね。ちょっと萎えかけてたのですが、後々意味がわかると言われて我慢してプレイしてたらようやく納得いくところまで進められて。これも分史世界だったんですね~!で、兄さんが時間因子だったと。やってる当初はこれが噂の兄さん悪堕ちか…とか考えてたわ。それはそれでおいしいけど。

 

目を覚ますと悪そうな好みなCV遊佐に莫大な借金を背負わされた。でも好みなゆっちーだから別にいっか~~♡金に汚くて中ボス感出してても顔と声さえ良ければホイホイなびいちゃうのがオタク女なのである。逆に中ボス感出してるのがよくない!?恋って障害があればあるほど燃えるっていうじゃん!?というわけでこのゲームはリドウ様を攻略するゲームとしてプレイしていくことにしていこうと思います。

やっぱりユリウスより断然リドウ様よね~♡あいついつか指名手配されると思ってたわ~!(女性 二十代 社会人)

って打ってたらゲーム内にも似たようなリドウ様萌え豚いて笑いましたwwっww私しらん間にテイルズオブエクシリア2出演してたみたいだわ~

なるほど…借金って自分とエルの治療費だったわけか。いやここの選択肢も「払う」or「払う」だったけどね。人生にルート分岐なんてものはねえ!ということをわからせてくれるテイルズオブエクシリア2なのでした。

ぶっちゃけこれがこのゲームのメインコンテンツといっても過言でもない。なにせ借金を返さないとメインストーリーが進められない仕様なのである。サクサク進めたい私的にはちょこっと面倒でした。

 

ストーリーが進むにつれてオリジンとかアルクノアとか重要な単語を忘れていた上に、クランスピア社とか新たな単語が出てきてチンプンカンプンになりかけてたので解説してくれた妹の存在はありがたかったです。助けてドラえもん

 

ヘリオボーグ研究所にいくと胡散臭さがマシマシのマシでマシたアルヴィンと再会します。初見の胡散臭さがヴェスペリアのレイヴン並なんだけど商人として大丈夫なのこの人?なんかキャバクラ経営者っていう肩書の方があってる気がするよ?歌舞伎町でキャッチやってそう…あ…いいんで…急いでますんで…

スキットでもひげが似合わないとボロクソに言われてて流石に笑いましたwwwかわいそうwww

あとエリーゼも出てきた!ツインテになっている!!アルヴィンとリンクさせて戦わせてたんですけど、この二人の戦闘終了後会話とか好きなんですよね。背が伸びたなって言ってることに対してエリーゼツンデレ気味だったり。

 

白髪鬼のところは妄想が膨らみましたね~!あの分史世界ではドロッセルやガイアスを守りきれなくてローエンだけが生き残り、復讐の鬼になってしまったという設定なんでしょうけど、その人生を考えるのが楽しい。何人のエレンピオス人をその手にかけたんだろうとか、ドロッセルやガイアスはどうして死んだんだろうとか色々気になる世界でした。このとき薄々これ時計が引き起こすパラレルワールドなんだろうなということは思ってました。

ガイア…アーストさんかわいすぎません???ここで選択肢「ありがとう、アースト」って言ったら好感度上がるのかわいすぎません???前回ラスボスだった割にこんな萌えキャラに転向しちゃって大丈夫?

 

なんだかんだあって「エージェントになる」or「エージェントになる」の強制二択を迫られるルドガー。ていうか本当に強制二択の多いゲームだなこれ。そこがルドガーくんの不幸体質ゆえなのかもしれませんが。タイトル幼女と借金を返し続けるRPGにしたけど、社会に屈服するRPGとか選択肢があると見せかけてないRPGでもよかったかもしれない。そして半ば強引ですが、ただの多重債務負債者からようやく職にありつけることができたのでした。よかったね、このままだと闇金ウシジマくんの世界にいくことになるかもしれなかったもんね、闇金だけは手を出しちゃだめだよ。

クランスピア社に入社したということは給料の面はどうなるんですかね?これでひたすら魔物を狩り続ける生活から脱却できる…?

 

ここでようやく分史世界正史世界の説明が入ります。

「分史世界が増え続けるとどうなるの…?」→「魂が消滅するだろう」ファッ!?

話が飛ん…だ…?そんなスピリチュアルな話だったんですかね?魂が流れて分散されていき…ってこと…?ここら辺理解が追いつきませんでした。骸殻はあの仮面ライダー的なやつで、分史世界の歪みを壊すものだっていうのは解った。骸殻がかっこよくてつおいのもわかった(三歳児並感)

エル「もー!子供にもわかるように言ってよー!」

私「そうだそうだー!」

そういえばクルスニクって前作にも出てきたワードですよねクルスニクの槍ってルドガー達の家系からとった名前だったんでしょうか。

 

先述でギャルゲーかよwwwとつっこんでたら本当にギャルゲーだった。

選択肢でよい選択肢を選ぶと好感度が上がるらしく、私は真っ先にジュード君からプレゼントをもらいました。ギャルゲーかと思ったらホモか!?いや違うんだよ、レイアかミラと思ってたらレイアの選択肢はことごとく外すし、ミラは出てこないしでジュード君しかいなかったんだよ!これはもう約束の地カナンの地ならぬ約束されたホモだったんだよ!! (うまいこと言った顔)

 

 

戦闘については前作に引き続きリンクが楽しい。共鳴術技をぶっぱしまくるのが爽快。DとかGみたいなCCシステムはテンポ悪くなるので要らなかったな~と思う。

あと、主人公の武器切り替えができるのが面白い。武器によって弱点が変わるっていうのも面白くてバシバシ切り替えてた。でも、銃の扱いがクッッッッッッソヘタクソなので、敵が前方にいるのに下に撃ったり後ろの方向に撃ったり一人コント状態ですからね。おーい、そこの多額債務負債者~!仲間が必死に戦ってるぞ~!

パン、パンパン(明後日の方向に撃ち続ける)

ルドガー「ロクスウィング!」(届かない)

ルドガー「バブルストーカー!」(技名通りに敵をスト―カーせず素通りしてゆく)

おかしいな…イリアのときは華麗な銃さばきで敵を翻弄していたというのに…。でも、ルドガーはイリアと違って手数で撃つ系じゃないですよね。もっと練習が必要なんだろうな~。

 

個人的にはやはり双剣が一番好きです。

???「一本で100なら二本で200だ!!」←某双剣使いの名言だと思ってますからね。双剣は手数で勝る分最強だぜ!!(脳筋

 

 

今回のアローサルオーブの使い方をイマイチ理解できておらず、適当にセットしています。術技が表示されていたら優先的にセット。そんなかんじ。前作の方がわかりやすかったなそこらへんは。

 

今回のギガントモンスター弱くね?と調子にのってたらニ・アケリアの近くの土のドラゴンみたいなやつに開始五秒で瞬殺されました…

あ…ありのまま起こったことを話すぜ!「おれは奴に向かって銃を撃とうとしていたらいつのまにかHPが無くなっていた…」な…何を言っているのかわからねーと思うがおれもなにをされたのかわからなかった…

何回やっても倒せなかったのでロードしなおしてその区域には立ち入らないようにしました。これがDIOを前にしたときのポルナレフの心情か…(違う)

というか全ては銃が一人コントしてしまう位下手ってところに集約してると思うんですよね。なにかコツとかないんですかね。

 

ルドガーに慣れるためにルドガー使ってるけどそろそろほかのキャラにチェンジしつつプレイしていきたいなーと思います。というかミラ様まだ!?ミラ様精霊界家出したっきりなんだよね!?大丈夫なのあの子!?

ミラ様の行方を心配しつつ次は初めてのエージェントのおつかいに行ってきます。